TOP>能勢妙見山仲秋奉納邦楽会

平成27年9月20日(日)  第19回 能勢妙見山仲秋奉納邦楽会



今年で19回目を迎えました、妙見山奉納演奏会。



毎年この時季、お天気を心配致しますが、
今年ほど秋晴れの快晴に恵まれた日はないのではないでしょうか。

「雨、台風の心配が全く要らない」だけではなく
気温も例年に比べますと
かなり低かったように思い、山頂では涼しい風が
爽やかに吹いておりました。





いつものように9時に集合致しまして、
そこから大型バスに乗車し、能勢の妙見山まで、
約1時間半の小旅行に出かけます。

出発前のメンバーでございます。





たくさんの荷物なのですよ



演奏に必要な楽器や備品を自分たちで準備し、そこからバスに積み込みます。

そしていよいよ10時の出発時間が近づいてまいりましたので、
乗車致します。

「楽しんでまいりま〜す」
と、バスに乗り込む皆様。



バスに乗車しましたら、皆様ワクワク感溢れております。



お一人お一人のお菓子も宗家先生より頂戴し、
小学校の遠足を思い出します。



こちらも恒例。
お竹の先生よりとてもユニークなご挨拶を頂き、
今年は、宗家先生も…。





連休や、お天気も良いからでございましょうか。
道中、若干道路が混んでおりましたが、
それでもほぼ、予定の時間に到着です。











到着致しますと、直ぐに演奏準備に取り掛かります。













皆様、もう慣れたものでして
それぞれのお役目を把握され、素早く行動致します。





準備が一通り整いましたら、開演までの時間
皆様でお食事を頂戴致します。
その後は、宗家先生が着付けを直して下さったり、
お仲間同士で見合ったり…。









午後1時30分になりましたら
『星嶺の塔』3階で行われます『法要』に参加させて頂きます。







その後午後2時より、1階フロアーにて
ステージを開設下さり、奉納演奏が始まります。

今年、淀の会が出演させて頂く演奏曲目は

♪ 月に寄せる日本のうた
♪ 紀伊の旅
♪ 追憶
♪ 山里の春

の4曲でございます。





『月に寄せる日本のうた』

月にまつわる曲が組み込まれておりますこちらの曲は
野村祐子先生編作曲のもので、
本日は、全曲の中より「荒城の月」「朧月夜」「宵待ち草」「月の砂漠」の4曲を
お送りさせて頂きました。

途中、お聴き下さる方より
「とってもきれいですね」
と言うお言葉を頂戴致しましたよ。















『紀伊の旅』

紀州は紀伊の国を題材にした三上澄恵先生の曲、紀伊の旅…。
詩に出てくる「熊野」も、今ではパワースポットとして有名な響きですが、
そんな地名も楽しみながら演奏出来る曲でございます。













出演の合間に、お時間があればちょっと記念撮影を…。









3曲目には、佐々木愛美作曲の『追憶』を演奏させて頂くのですが
星嶺の塔の中に響き渡る、故人を偲ぶ切ないメロディーが、
お聴き下さいますお客様の心にジ〜ンと響きましたでしょうか。











早いもので、終曲『山里の春』となってしまいました。
出演者の皆様の意気込みは…。

頑張りま〜す。



この曲に使われる平太鼓のお飾りを、
メンバーがお作り下さいまして、本日初公開でございます。



愛美先生は、急きょナレーターにも変身!!



そのような中、ステージの準備に取り掛かり…。





いよいよ演奏致します。

森岡章先生の『山里の春』でございます。











一日の奉納演奏会が終わり、妙見山様より
たくさんのお団子を頂戴致しましたので、
本日の出演者全員に行き渡りますよう袋詰めを致します。



その後はバスに楽器類を積み込んで、帰る準備を致します。









車内ではお竹の先生が、民謡をお唄い下さるなど、
楽しく帰路につくことが出来ました。













予定の時刻どおり堺に戻り、皆様お疲れの様子もなく
ご挨拶をし、お別れを致しました。








皆様、本当にお疲れ様でございました。




TOP 淀の会について プロフィール 作品紹介 過去の活動記録
今年度活動予定 教授所 お問い合わせ リンク集
 




>