TOP>宗家プロフィール

宗家プロフィール
The profile of the representative


 

宗家 佐々木洋子

the representative of YODONOKAI
YOKO SASAKI

北海道室蘭市生まれ
幼少の頃より、箏に馴れ親しみ、
宮城道雄直門 槙尾操師に師事。

【昭和57年】
日中友好親善使節団の一員として、
渡中したのを皮切りに、国際文化交流使節団として
オーストラリア(日豪ヨットレース開会式)、
イタリア(日伊協会主催イベント)、
ハワイ(日米文化交流第一回
ホノルルフェスティバル)等々、門下生と共に訪問演奏。

【昭和58年】
第一回淀の会定期演奏会を、
人間国宝富山清翁(当時清琴)を迎えて開催。
以後、定期的に大阪国立文楽劇場大ホールにて、
淀の会定期演奏会を開催する。

【平成13年】
生田流宮城会より独立して、
門人と共に生田流淀の会を結成する。

【平成15年】
毎年ニューイヤーコンサートが開催される
「ウィーン学友協会大ホール」での海外公演に、
淀の会員と共に邦楽部門で参加。

【平成23年】
堺三曲協会会長
また地元堺では、堺市立新金岡公民館琴教室講師・
堺女性大学講師を三十余年の長期に渡って務め、
小中学校の邦楽鑑賞演奏、
地域へのボランティア活動(老人ホームへの慰問)など、
時間の許す限り積極的に取り組んでいる。



大文連発行 「大阪文化の広場」
2010年7月25日第186号に掲載




 

大師範 佐々木愛美
EMI SASAKI

大阪府堺市生まれ
幼少の頃から宗家である母に手ほどきを受ける。

 【昭和54年(1979年)】
桐絃社「児童筝曲合奏名曲集」のレコード製作に参加。


国立文楽劇場・シンフォニーホール・帝国ホテル等
数々の邦楽演奏会に出演の他、海外でのウィーン公演にも参加。
琴・三絃の他、十七絃の指導にもあたっている。

昨今では自ら編作曲も手がけ、その美しい旋律は好評を得ている。

【平成22年年9月】
全邦連主催「和楽器による作詞・作曲コンテスト」佳作受賞

【平成23年】
堺三曲協会幹事

【平成26年】
第5回 全邦連主催
「和楽器による作曲コンテスト」佳作受賞



【編作曲作品】
・ 竹田幻想子守唄
・ 十七絃によるロシアの大地
・ 想い出をあなたに…
・ 春うらら
・桜・七変化

【作曲作品】
・ 雅なる堺
・ ねむのお里
「和楽器による作詞・作曲コンテスト」佳作作品
・ 春、夏、秋と、祭りと
・ 追憶


大文連の季刊誌「オコス」no.208の表紙に
佐々木愛美が載りました。

HOPE×HOPEのコーナーでも
インタビュー記事が掲載されています。



TOP 淀の会について プロフィール 作品紹介 過去の活動記録
今年度活動予定 教授所 お問い合わせ リンク集