TOP>堺芸能百華>芸能百華懇親会



平成24年11月11日(日) 堺芸能百華


今年も、一年の締めくくりとなりました【堺芸能百華】のステージを、
盛会に終える事が出来ました。

堺市民会館大ホール内の客席は、超満員でございまして、
オープニングを飾らせて頂きました淀の会のステージ【ふるさと民謡浪漫(野村祐子編作曲)】は、
大いに盛り上がりました。

この曲は、7つの民謡メドレーで構成されておりますが、
時間の関係などから、
【相馬盆唄(福島)】【守山やまもり音頭(ご自身が作曲されたもの)】
【外山節(岩手)】【花笠音頭(山形)】の4曲を
演奏させて頂きました。

花笠音頭になりますと、思いがけずお客様から手拍子まで頂戴致しまして、
演奏者の私たちも、ノリノリでございましたよ。
有難うございました。










演奏はとても素敵に終えることが出来まして、
出演者メンバーも達成感で胸がいっぱいになりました。
当日を迎えるにあたりましての、リハーサルの日々を思い出しながら、
それぞれが力を出し切ったステージとなったことでございましょう。

それでは、本番を迎えるまでのプロセスを載せさせて頂きたいと思います。



毎年のことですが、当日は朝が早いもので、
演奏会前日の夜8時前に集合致しまして、ステージの準備を致します。

ステージでは、舞台監督を始めスタッフの皆様が、
当日の全ての仕込みをされておられる為、
その準備が終わるまで、楽器類をあげることは出来ません。



その時間になるまで私たちは、まずお調絃をとったり、備品の準備に取り掛かります。




ある程度の準備が整いましたら、監督よりOKが出るまで待機致します。





そしていよいよ監督よりOKサインが出まして、
ステージにセットさせて頂いたのが9時半は過ぎておりましたでしょうか・・・。









いつものことながら、皆様のご協力で早く準備を終えることが出来ましたが、
それでも自宅に戻りましたのは10時半頃。
皆様、大変お疲れ様でございました。



当日は生憎の雨模様になりましたが、
朝のうち、私たちが会場入りするころまでは、
少しの雨が降っているくらいでございましたので、良かったです。

本番が始まるまで、皆さんそわそわ・・・。

お互いの衣装のチェックをしてみたり、
カメラを向けますと、笑顔で応えて下さいました。










本当に華やかなステージでございまして、
メドレーになっております曲と曲の間にまで、お客様が拍手を下さいました。

出演者全員が、このステージの感動を胸に、来年もまた頑張って下さいますように。




ステージ終了後の懇親会へのページはこちらから。




TOP 淀の会について プロフィール 作品紹介 過去の活動記録
今年度活動予定 教授所 お問い合わせ リンク集




>