TOP>大文連『花の宴』

平成28年10月23日(日) 大文連『花の宴』



毎年出演させて頂いております、大文連『花の宴』のステージ。
この日、大ホールに於きましても催しが開催されていましたので
わたくしたちが出演させて頂いた中ホールでの演目は、
例年に比べて少なめのプログラムでございました。





わたくしたちの出演は、
堺三曲協会より『五丈原』
そして淀の会より『夕顔』と『まりと殿様』の3曲で
ステージに立たせて頂きました。





堺三曲協会メンバーより『五丈原』
舞台セットをしている様子です。



そして緞帳が上がり演奏です。
あいにくどのステージも、客席正面からの写真がございませんので残念ですが…。



お仲間が心配そうに、舞台袖より眺めています。



本日も、お調絃係りの皆様が頑張ってくださいます。





ご用意頂いた楽屋が和室なんて、珍しいですね。











さて続いて『夕顔』の演奏でございます。
尺台をお願い致しましたので
会場の舞台の皆様が、快くセットくださいます。



舞台袖では、緊張しながら待機しております。

そして舞台の準備が整いましたら
わたくしたち、スタンバイさせて頂きます。





この度の夕顔。
永廣孝山先生が、16名の三絃をお相手くださいます。
練習に練習を重ねてまいりました成果が発揮できるよう
頑張って演奏致します。







淀の会出演最後の曲は『まりと殿様』
この曲は、今までにも何度も演奏してまいりましたし
大合奏でお届けいたしますので
楽しんで演奏したいと存じます。

演奏写真はございませんが、本番前のメンバーのリラックスした表情です。
「楽しんで演奏してまいりま〜す」















今日も一日お疲れ様でございました。

楽屋で最後のご挨拶をして、皆様解散です。


















TOP 淀の会について プロフィール 作品紹介 過去の活動記録
今年度活動予定 教授所 お問い合わせ リンク集
 




>