TOP

平成28年2月3日(水) 滋賀県東近江市立船岡中学校音楽特別授業



前年度に引き続き、今年も私の母校であります
東近江市立船岡中学校よりご依頼を受け、
音楽の授業にゲストティーチャーとして寄せて頂きました。



昨年1年生だった生徒さんも顔をみかけて挨拶に来てくださいました。





今回は音楽室での授業です。まずはピアノの号令でご挨拶を・・・

その後、私が卒業生ということもあり、校歌を合唱をしてくださいました。
一番だけですが私も一緒に歌わせていただきました。
卒業してから二十数年経ちますが、覚えているものですね。
少し中学生の気分を味わうことができました。





いよいよ授業の始まりです。
今年度から新しく文化箏用に鳥居台をご用意くださり、
前回よりも弾きやすくなりました。



まずは鑑賞の課題曲「六段の調」です。
音楽の先生から作曲者である八橋検校のことについて述べられました。

その後私からはこの曲で使われる技法について、
一部実演をしながらご説明いたしました。



後押し、ヒキイロ、ユリ・・・
生徒の皆さんは、
教科書を見ながらどんな風な音が出るのだろう、
どんな違いがあるのかに注目し、
一生懸命見て、聞いてくださいました。

続いて、曲の鑑賞に入ります。
終わりましたら、印象に残った弾き方や曲の流れが
どのようだったかをそれぞれ感想を述べてくださいました。

一番印象に残った弾き方は裏連と輪連だそうです。
手の動きが他とは違って見えたようですね。



そしてここからは実践です。
前回までの授業で、お爪のサイズを合わせ、座り方は正座で斜め45度に座り、
龍角あたりに支えを置き、お爪を向こうの絃にあてるようにしっかり弾 く、
というところまで習われたそうです。

今日が初めて音を出しての練習。
皆さん2人1組になり、さくらさくらの練習で
す。「難しい」と言いながらも、上手に弾かれていました。
お爪の当て方、支えの仕方などアドバイスをすると、
どんどん上達されていきます。
皆さん飲み込みが早いですね。

一人がお箏を弾いている間、
ペアのもう一人の方は『七七八〜』と楽譜を声に出して歌います。
見て覚え、歌って覚えようとされていました。







50分の授業もあっという間に終わりました。
皆様、「楽しかったです」と仰ってくださり、とても嬉しく思いました。
来月には十七絃を持って行き、皆様と「さくらさくら」を合奏致します。
どんな合奏になるか今からとても楽しみにしております。

長谷野教室・八日市本町教室   教師 山階由紀美




TOP 淀の会について プロフィール 作品紹介 過去の活動記録
今年度活動予定 教授所 お問い合わせ リンク集
 




>