TOP>堺三曲定期演奏会>堺三曲定期演奏会懇親会

平成26年5月11日(日) 第64回 堺三曲協会定期演奏会



数日前は、雨の予報が出ておりました今日。
ところが清々しいほどの快晴となり、
屋外では心地よい風も吹き、最高の行楽日和だったのではないでしょうか。
あいにく、会場館内は冷房が効かず
ご来場下さいましたお客様方には、お暑かったことと存じます。
大変申し訳ございませんでした。

そのような中でも、大変多くのお客様にご来場を賜り
会員一同厚くお礼申し上げます。
有難うございました。






この日の開場時間は、午後1時でしたが
会員、出演者は準備がございましたので
朝の9時や10時頃には続々と会場入りを致しました。

「おはようございます」





役員の皆様は、準備に大忙し!
また、各お社中の皆様もそれぞれの仕事に徹します。







会場内の準備は徐々に整い、
続いては堺三曲協会会員によります合同曲の準備に移ります。







こんな感じでいかがでしょうか・・・。



13時の開場を前に、12時よりゲネプロの開始でございます。









序曲に出演しない淀の会のメンバーも、心配そうに見守って下さいます。





無事にゲネプロも終えて、あとは開場を待つばかり。



それまでちょっと皆様で記念撮影でございます。









13時の開場までにお客様が何組かお越し下さいました。
嬉しいですね!
しかしお外でお待ち頂くには、あまりにもお気の毒…。
今日は気温が高く、暑いんですもの…。

そこで少〜しだけですが時間を早めての開場。

今年の受付ガールでございます♪



「ようこそお越し下さいました。有難うございます」






今年、淀の会が演奏させて頂きます曲は2曲。
【京友禅】と【月に寄せる日本のうた】でございましたが、
あいにく、【京友禅】のステージ写真しかなく残念でございます。

【京友禅】  森岡章 作曲









そして今年は淀の会より、佐々木愛美先生が独奏曲を演奏致しました♪
尺八は、都山流の小玉如意山先生でございます。
曲は【春の恵】久本玄智作曲







いよいよ最後のプログラムが近づいてまいりました。
初めて打ち物に挑戦される、新都山流尺八奏者の磯部道山先生。

心の準備をされておられるのでしょうか…
舞台袖にて





終曲 大倉元作詞・佐々木洋子補作 佐々木愛美作曲の
【大阪じまん】でございます。
堺三曲協会会員有志によります演奏で、華やかに締めたいと思います。















ご来場下さいました皆様方には、長時間に渡り御静聴頂きまして、
誠に有難うございました。
これからも芸に精進してまいりたいと存じますので、
応援のほど宜しくお願い申し上げます。

懇親会へと続く



TOP 淀の会について プロフィール 作品紹介 過去の活動記録
今年度活動予定 教授所 お問い合わせ リンク集