TOP>妙見山奉納演奏会

平成26年9月21日(日) 妙見山奉納演奏会



一週間ほど前の天気予報では、しっかり傘マークがついておりましたこの日。
そんな予報は大きく変わり、朝から好天に恵まれ絶好の遠足日和♪
いえいえ、遠足ではございません。
しかし、恒例の日帰りバス演奏旅行でございました。



バスは大阪の最北端、能勢の妙見山へと向かいます。



今年は珍しく、たくさんの先生よりご挨拶を頂戴致しました。






高速も空いておりましたので、1時間ほどであっと言う間に
妙見山に到着致しました。



尺八の先生方が、楽器の積み下ろしにご協力下さいますので、
私たち女性陣は本当に助かります。
いつも有難うございます。



と言うことで、淀メンバーは少し歩いて【星嶺の塔】へと向かいます。









そしていつものように、会場に入りましたら
まずは準備に取り掛かります。









本来会場内は撮影禁止なのですが、
私たちはお許しを頂き、撮影班として動かせて頂くことが出来ました。









準備が整いましてからは、控室にて昼食を頂きました。
これで、演奏を頑張れますね。





淀の会の演目 
1曲目は、森岡章作曲【たそがれのワルツ】でございます。




仲間たちも応援




そして控室では、演奏前の再確認を…



皆で聴きあいながら、良い演奏が出来るように
頑張りましょうね〜



続いての曲は、 唱歌をメドレーに致しました【心のうた】でございます♪



会場にお越しになられているお客様にも、
歌詞カードをお配りさせて頂きますと、一緒に唄って下さいました。






そして独奏曲、【春の恵】を演奏致しました。
宗家先生も、見守って下さいます。





控室では終曲に向けて、裃の用意を致します。




その頃、お箏での演奏が珍しい【エル・クンバンチェロ】で
賑やかに会場を盛り上げます。








プログラム最後は、佐々木愛美作曲の【春、夏、秋と、祭りと…】を
太鼓を入れての大合奏です。










「お疲れ様〜」
と、終えた太鼓を運んでくれています。



演奏が終わりましたら、楽器などの後片付けもすばやく行い、
頂戴したお月見団子を嬉しそうに分けさせて頂き、バスへと戻ります。





「楽しかったわ〜♪ 帰りま〜す」
とバスに乗り込みます。
そしていざ、堺に向けて出発!!!








TOP 淀の会について プロフィール 作品紹介 過去の活動記録
今年度活動予定 教授所 お問い合わせ リンク集
 




>