TOP>芸能百華

平成26年11月9日(日) 芸能百華



今年で20周年を迎えられた芸能百華ですが、
私たち『淀の会』は、19回目のステージを踏ませて頂きました。

毎年、オープニングを飾らせて頂くのですが、
そのステージに相応しく、今年は永廣孝山先生にご出演を頂き、
華やかに演奏させて頂きました。

曲は、野村祐子先生編作曲
『夢はマーチにのって』です。







例年開催されておりました『堺市民会館』は、
建て替えの為使用できず、
今年は『ソフィア堺』が会場となりました。

全く初めての試みですので、
主催者側様も色々大変なことだったとお察し申し上げます。





淀の会も、毎年前日の夜に舞台の仕込みをさせて頂くのですが、
今年はどのような運びとなるのかと、少し心配しておりましたが
主催者側様にご配慮いただき、
また会員の協力もあり、いつも通りに準備を進めることが出来ました。

お部屋をお借りし、先にお調絃などの下準備を致します。
そして舞台スタッフの方からステージ準備の許可が出ましたら、
一斉に楽器を運び込み、舞台セッティング致します。











舞台に運び込む時に、時計を見ますと
時刻は夜の9時30分。



これから急いでセット致しますが、
やはり帰りは10時前にはなってしまいますね。

しかし前日に配置を整え、お調絃をさせて頂きますと、
当日のオープニングがとても助かります。

開演は10時ですが、
ゲネプロが8時30分からございますので、
朝準備をするのはとても大変ですから…。





当日の朝は、8時集合です。

朝、会場入りを致しますと、
お調絃係りは直ぐにセットしているお箏の調絃を再確認を致します。











ゲネプロを終え本番までの時間、
しばし楽屋でくつろぎます。









そしてお化粧を直したり〜



宗家先生が、髪のセットをして下さったり〜


お客様がお越し下さったり〜



そして会員ズラ〜っと…







そろそろ開演15分前ですのでステージに参ります。
出演者みんなに、緊張がはしります…。




5分前の1ベル…。
そしてアナウンスが入り、音出しと同時に緞帳が上がります。









お客様からも、『淀の会コール』が飛び、
大きな拍手を頂戴致しました。

孝山先生の素晴らしい吹奏に魅了され、
私たちもとても楽しく演奏させて頂くことが出来ました。

孝山先生、有難うございました。

ステージが終わり、孝山先生と一緒に「ホッ」と記念撮影。



宗家先生からご挨拶を頂き、無事に終了です。









さて、これから楽器類の搬出です。
演奏が終わりましたら皆で協力し、素早く片づけて、
車に積み込みます。







平成26年度の淀の会の大きなステージは、
芸能百華をもちまして、無事に終了致しました。

今年も『淀の会』を温かく見守り、応援下さった皆様、
本当に有難うございました。






TOP 淀の会について プロフィール 作品紹介 過去の活動記録
今年度活動予定 教授所 お問い合わせ リンク集
 




>