TOP>都山流大阪府支部定期演奏会



平成24年9月23日 都山流大阪府支部定期演奏会



ちょっぴり秋を感じられるようになってまいりました。
午前中は昨晩からの雨が少し残っておりましたが、その分気温が下がり、
私たちが出かける頃には雨も上がり、とても涼しくなりました。

毎年出演させて頂いております【都山流大阪府支部定期演奏会】






今年の出演曲は『月に寄せる日本のうた』。
月・・・を題材にした歌が7曲も組み込まれているこの曲でございますが、
今回は時間の関係で、『荒城の月』『朧月夜』『宵待草』そして『月の砂漠』の4曲を
演奏させて頂きました。

何方もがよくご存知の曲ですので、「一緒に口ずさめました。とても良かったですよ」
と、演奏後にはお声をかけて下さる方がたくさんおられました。


お三絃もございますので、朝、楽屋に入りましたら
お調絃係りの方は、早速絃を伸ばしてお調絃をされます。


お箏のお調絃係りの皆も、指定の場所へ行き素早く準備をしてくれました。


本番前には楽屋にて、お三絃の構えや、絃の感覚を掴むために
宗家先生がお時間をとって下さいました。
これでお三絃パートの皆様も、少しは気持ちが落ち着かれたようでございます。



出演前の楽屋は、淀の会のブルーの制服を着た皆様で、ごった返しておりますでしょ。



今回出演されなかった淀の会のメンバーも、楽屋見舞いに訪れて下さいました。


【月に寄せる日本のうた】の他に、本日もう一曲、永廣孝山先生よりご依頼を頂戴致しまして
ステージに立たせて頂きました曲【天城越え、また君に恋してる、ラ・クンパルシータ】の3曲のメドレーを
淀の会の若手メンバーにて出演させて頂きました。



17絃は太田道嶺先生が演奏されての絃方合計8名。
皆で呼吸を合わせ、素敵に演奏出来たのではないでしょうか。

演奏が終わりましたから楽屋にて、ホッとした表情での記念撮影でございます。


演奏のほうは、【月に寄せる日本の歌】も【天城越え・・・】もうまくいき、皆さん達成感に溢れておりました。


最後に楽屋では、宗家先生よりお言葉を頂戴致しまして
皆さんここで解散でございます。





この日、沢山のお客様にご来場頂きまして
本当にありがとうございました。
色々な皆様に「良かったですよ」と、とても嬉しいお言葉を頂戴致しまして、
清々しい気持ちで終えることができました。

解散後のメンバーのお顔も、とてもにこやかでございましょう。
皆様、お疲れ様でございました。










演奏会後は、都山流大阪府支部様よりご招待を頂きまして、
淀の会からも宗家先生を頭に、数名参加させて頂きました。

色々なお竹の先生方とお話させて頂き、とても楽しいひと時を過ごすことが出来ました。


最後には孝山先生とも一緒に写して頂きました。




TOP 淀の会について プロフィール 作品紹介 過去の活動記録
今年度活動予定 教授所 お問い合わせ リンク集




>