TOP>2010年 彩桜忌


平成22年4月7日 彩桜忌



この日の屋外でのステージは、心配致しておりました雨も上がり、満開の桜の下での演奏でございました。
たいへん多くのお客様を前にオープニングを飾らせて頂きまして、
お筝に十七絃、お三絃に尺八、そして打ち物の太鼓を入れての演奏に、お楽しみ頂けたのではないでしょうか。


会場に到着致しましたら、既にステージはとても美しく出来上がっておりまして、
真っ赤な毛氈が眩しくて、このような素敵なステージで演奏させて頂けます事を会員皆がとても喜びました。

それから直ぐに、お筝のお調絃を致し、ステージ上のお筝の配置に取り掛かりました。


一方、控え室ではお三絃のお調絃を専属の係りの方が念入りにチェックして下さいます。


いよいよ本番です。
   本日演奏させて頂きました曲は、愛美先生作曲によります【雅なる堺】でございました。

会場が【堺】と言うこともありまして、この曲を演奏させて頂いたのでございますが曲の始まりはとても華やかで
《ものづくりのまち堺》をイメージ致しまして、活気ある曲想になっております。

曲が始まりましてから25小節目には“もののはじまりなんでも堺〜、堺よいとこ一度はござれ〜” と言う詩を取り入れ、
より堺商人らしい旋律へと皆様を導きます。


ステージでの演奏が終わりましたら、まずは控え室にてホッと一息。
宗家先生が出演者や、お手伝いに来て下さいました皆さんにおぜんざいをご馳走して下さいました。


今日の演奏の出来や反省点などを、皆で楽しくお話致しながらの お時間でございました。

おぜんざいを頂きましたあとに、今度は主催者の方から頂戴致しましたお茶席のチケットを持ち、
皆でお抹茶を頂きに・・・(美味しい♪)


屋外でのステージはあまり経験がございませんもので、少し風の吹いたこの日は、
演奏中に楽譜がパラパラと捲れたりと色々とハプニングがございましたが、
演奏が終わりますと大勢のお客様より、たくさんの拍手を頂戴致しまして、出演者一同感激致しました。
有難うございました。




TOP 淀の会について プロフィール 作品紹介 過去の活動記録
今年度活動予定 教授所 お問い合わせ リンク集