TOP>2010年 ひなまつり 琴の音ライブ


平成22年3月7日 第1回 琴の音ライブ〜観峰館



3月7日(日曜日)、滋賀県五個荘町の観峰館と言う【書道文化と世界の博物館】に於きまして、
琴の音ライブを開催致しました。



観峰館のブログでもイベントの様子を紹介して頂きました。



朝からあいにくの雨模様でございましたが、大阪の本部より宗家先生と淀の会のお仲間、
そして尺八の先生にお越し頂きまして、約1時間のステージを無事に終えることが出来ました。

14時からの開演でしたが、お昼前より会場入りを致しまして、ステージでの音響テスト、
舞台上の楽器のセッティングなどの準備を致しておりますと、
あっと言う間に時間は過ぎてゆき、開場・開演時間が迫ってまいりました。

ゲネプロの様子




1年を通して邦楽の舞台にはよく出向いて参りますが
今日のようなライブのお話は、私たちにとりましても珍しい事でしたので演奏は勿論のことなのでございますが、
下準備そして進行など、現地のスタッフの方々にも大変ご協力を頂きながら進めて参りました。
1時間のステージを頂いたのですから、その1時間を流れるように、お客様を退屈させぬよう進行していかなければなりません。

いろいろと心がけてはおりましたが、なかなか思うようにはいかず反省点は多々ございますが、
1時間のステージを終えたあとに、何組かのお客様が傍に来て下さいまして
「とても懐かしくて嬉しかったです。」「演奏がとても素晴らしかったですよ。」と、お声をかけて下さいまして、
そのお言葉を頂戴致しましたときに張り詰めておりましたものが、とてもラクになりました。
まずはなんとか成功だったように思います。



今日のプログラムは、まず1曲目に【春うらら】
この曲は「うれしいひなまつり」の曲を編曲したものでございます。
観峰館内に飾られるひな人形にあわせて、この曲をご用意させて頂きました。

ご覧下さい。

ステージにはお内裏様とお雛様に見立てて、中央に尺八の先生と宗家先生にお座り頂きました。



そして次に【ジュピター】【いつも何度でも】【世界に1つだけの花】と言う
皆様にも大変親しみのある曲をご用意させて頂きました。



本来入らないパーカッションも合奏に取り入れて、より華やかさを演出致しました。


続きまして日本の邦楽の代表曲【春の海】を演奏致しました。




そしてここで10分間の休憩を頂戴致しました。お客様はその場に残られたり、
館内を歩きに行かれておられましたが、第2部の始まる頃には、
ご自分のお席に戻ってきて下さり、また私たちの演奏を聴こうと思っておられるのだととても嬉しく思いました。



さて第2部は淀の会の曲とでも申しましょうか・・・
【想い出をあなたに・・・】
1年前くらいに完成したこの曲。いろいろと思い入れのある曲でございまして、
この曲を聴いて「懐かしかったです」とおっしゃって下さったお客様がおられて嬉しく思いました。









本日のプログラムの演奏と致しましては、以上でございましたが、
最後にアンコールを頂戴致しまして【星に願いを】を演奏し、この日の舞台は無事終了となりました。







第1回目の反省と経験を生かしまして、
3月22日(月・祝)にも予定致しております第2回目のステージを、
より良いものにして参りたいと思いますので、
どうぞお誘い合わせの上、ご来場下さいますように宜しくお願い申し上げます。

有難うございました。




TOP 淀の会について プロフィール 作品紹介 過去の活動記録
今年度活動予定 教授所 お問い合わせ リンク集